こんにちは!FUN-KUNです^ ^

友人結婚制約通算2組。カップル成約数多数。

多いと思うか、少ないと思うかはあなた次第です。。笑

ただ普通に結婚して子供を育てて幸せな家庭を築きたいと思っているあなたへ。

暇つぶしがてら、読んでみてください〜

僕自身、中学生くらいから恋愛限らず、人から相談とかよく受けてたんですけど、意外にカウンセラーの仕事とか面白いかもと最近思ってきて、今回書いてみました。

1.恋愛結婚とお見合い結婚はどっちがうまくいく?

いつも口だけで結婚したい、恋愛したい、言う人がいますけど、

そもそも本心で思ってる人って意外に少ないんじゃないかと思います。

ここでは結婚についてですが、

結婚したいけど、出会いがないんだよねっていう、あるある未婚者は、まだまだ余裕ぶっこいてる証拠ですね。

本当に結婚したいと思ってる人は、

結婚相談所にいきますし、お見合いをします。

日々の仕事やストレスで忙しい方、

恋愛がめんどくさいと思う方、

これ尚更、効率が良いと思うんです。

結婚相談所とかお見合いはお互いの目標値がわかった上で出会うので、成約率が高く、恋愛結婚に比べると離婚率も低いです。

お見合いの離婚率が低いのは、ルールなしの恋愛結婚に比べ、目標値がお互い決まっている状態でスタートするからです。

でも自分で相手を見つけて結婚っていう過程が欲しい。出来レースは面白くないし、ハラハラドキドキしたい!

今の時代の人ならそう思うのが当たり前ですよね!!笑

そういった方は自分で相手を探そうとしますが、

恋愛結婚はその分、間違った相手を選ぶ確率も高く、離婚率も必然的に高くなってしまうことは知っておいてください。

恋愛結婚の離婚率が高いのは、

自由の身から、規制されていく流れに乗っかるからです。

途中で嫌になる人が多いんです。結婚したら自由な時間がなくなる。子供が産まれたら育児で精一杯になった。遊ぶ暇がなくなった。など、

自由の身から自由じゃなくなってしまうので、嫌になるのは当然です。

しかも、このただでさえマイナスの流れに乗っかろうとしているのに、むやみに性格が合わない人を選んでしまったとなると、もうマイナスでしかないです。

こんなこともあり、離婚率は恋愛結婚の方が高いのです。

今の時代に離婚率が上昇しているのは、

単純に、元々日本はお見合い結婚が当たり前だったのが、今は恋愛結婚の方が増えちゃったからです。

離婚前提で付き合う人などいないと思うので、

恋愛結婚を望む方は、次のことを意識することでマイナスの流れも

一緒に乗り越えられるきっと良い相手が見つかると思います。

2.自分のことをどれだけ知っていますか?

人生においても大事な結婚や恋愛ですが、

この人はなんかうまくいくとか、

この人はなんかいっつも苦労してるとかあると思うんです。

私が色んな方から相談を受けてきて思う、結婚や恋愛がうまくいく人は自己分析が出来てる人です。

これに付きます。

自己分析ができている人は、その言葉の通り、自分のことがよくわかっています。

自分の強み、弱み、性格を全て受け入れて自分のことを第三者目線で自分を評価できる人です。

あなたも当たり前のようにやっていることだと思いますが、中には履歴書レベルみたいにとにかく浅い人も多い。自分のことくらいわかってると、自分で思い込んでしまってる人も多いんです。

実際にあった例をご紹介します。

(例)

自分は優柔不断だから引っ張ってくれる人がいいかな。

→これじゃやっぱ浅いです。。

(改善例)

自分は優柔不断だけど、実際は他人に頼りたいとは思ってなくて自分で考えて答えを出したいタイプ。つまり、人から指示されたりすること実は望んでいない。ならば、ガンガン引っ張ってくれる人が1番合わない相手で、逆にそれに付き合ってくれて一緒に考えてくれる人の方が合ってる。

(例)

寂しがりやだからいつも一緒にいてくれる人がいいかな。

→あなたは今までどうやって寂しさを埋めてましたか?

(改善例)

寂しがりやだけど、友達も沢山いる。てか今まで友達といれば寂しいとか感じなかった。友達の居心地の良さが1番。ってことは出会ったばかりの相方といつも一緒にいると気疲れする上に、友達にも会えなくなってしまうから、程よい距離感で付き合える方がいい。

このように自分のことを深く掘り下げていくことで自分の本来の姿が見えてきて、自分が本当に求めてることがわかります。

わがままな自分や恥ずかしい自分も見えてくると思うのですが、それを受け止めて、とにかく自分のことをよく知ることです。

〇〇くんは良い奥さん捕まえたよねー!見る目があるよねーー!!

というのも、〇〇くんが自己分析ができているからこそです。見る目があるというのは、自分のことをよく知ってるから自分によく合う人がわかる。ただそれだけのことなんです。

3.まとめ

僕がお伝えしたかったのは、単純に自分のことをよくわかってないのに、自分に合う人なんて見つかるわけがないということです。

相手を見定めたり、探ったりする前にまず自分のことを知りましょう。

そういうわかっているつもりの人に限って、

目の前に本当にピッタリな相手がいることに気付かず、

毎回自分で見つけてきた相手とは同じような恋愛を繰り返します。

まあ、それが結婚や恋愛の面白く、難しいところでもあるんですけどね。。

僕はたまたま26歳で結婚しましたが、

結婚願望なんてそもそもありませんでした。

仕事頑張りたい、遊びたい、お金欲しいこんなことくらいしか頭になかったからです。

でも僕は、20前後の時から、

もし自分が結婚するとしたらこういう人が良いという像は一応、考えてました。笑

今は結婚願望ないけど、30歳くらいになったら、したくなるものなのかなとか考えておりまして、

そしたらまさかのその像まんまの人とたまたますぐ出会えたので、

結婚しました。

FUN-KUNの結婚秘話についてもまた後日更新しようかと。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です