こんにちは!FUNです( ^ω^ )

梅雨時期なので、雨の日のアパレル販売員の接客で意識することについて書きたいと思います。

雨の日って余程の予定や理由がない限り外にはあまり出たくありませんし、
雨の日のテンションってなんかやっぱり下がっちゃう人も多いんじゃないかと思います。

1,雨の日はいつもより元気良く接客しよう

これは当たり前のことを書いていますが、ご了承ください。笑
雨の日はみんなテンションが低いので、自分もいつもより低くなっていることに
気がつきにくいのです。

その為、普段より笑顔を意識したり、声の大きさ、トーンを意識的に変えるだけでも
お客様の心には響きやくなります。

さらにお客様にあなたの印象も残りやすくなりますので、

雨の日の接客はいつもより意識的に元気よく接客するようにしましょう。

2,目的買いのお客様のご来店

雨の日に買い物に来るということはそれなりの目的があるということでもあります。

あなたはわざわざ雨の日に外に出たいですか?
せっかくのお休みの日にです。

普通にお仕事されている方で休日が雨の日は余程の理由がない限り、
買い物になんて行きませんよね。

なのでご来店されるお客様には何らかの理由があるわけなんです。

これがいわゆる目的買いのお客様です。

明日までにいるものがあるから、今日買いに行かないといけない!
休みが今日しかないから、今日しかない!
売り切れちゃうから今日行かなきゃ!

こういった方も当てはまります。

その為、雨の日は決定率も高いことが予測できる為、
アプローチは早めに行うことを意識して接客をしていきましょう。
客数は減るとしても決定率は高い1日となりますので、
1客に対する集中力を高める必要があります。

目的買いのお客様に対する接客方法はまた改めて記事にしてご紹介しようと思いますが、
決定率を上げる接客方法についての記事も参考程度に読んでみてください。→http://fukuhuku-aruaru.com/?p=30

3,雨の日のお客様にはより一層気配りをしよう

雨の日にいざ、買い物しようとお店に入るとやたらと傘が邪魔になりませんか?

あなたとお客様もきっと同じように思っているはずですので、お客様に
ゆっくり商品を見て頂く為に傘をお預かりする、傘立てのご利用を促すなどの
気配りが必要です。

また、購入後に商品を持って帰るのがいつもより面倒に感じませんか?
傘も持たなきゃいけないし、荷物にもなります。
持って帰るのが面倒だからまた今度にしようとなってしまうパターンも多々あります。
お車でお越しの方にはあまり関係ないことかもしれませんが。

もちろん手が塞がるという理由はいつもと変わりませんが、
それに加え濡れるかもしれないというネガティブな要因がプラスされるわけです。
それで買う気がいきなり失せちゃったりする。

そんなことも予測することが出来ます。
そんな時は、ある程度先読みした上で
お持ち帰りになられるのが面倒でしたらご配送も承っていますよと、
ご配送の提案まで出来れば
お客様には親切だと思います。

雨の日は客数が少なくなるのでは必然的ですので、
ご来店頂いたお客様への気配りを意識し、購入に繋げていきましょう。

4,まとめ

①雨の日の接客はお客様のテンションも低いのでいつもより笑顔、
声のトーン、大きさを意識する。

②雨の日にご来店くださるお客様は目的買いの方が多いので、購買意欲が高い。
なので、早めにアプローチをかけて、接客をする。

③雨の日は傘が邪魔になって商品がゆっくり見れないので、
お預かり、または傘立てのご利用を促す。

④雨の日は持って帰るのも面倒に感じるので、
こちらからご配送の提案するなどの気配りを持つ。

この上記4点さえ意識して行えば、お客様の滞在時間伸び、
なおかつ購買に繋がりやすくなります。

個人に限らず、店舗スタッフ全員で行うことに意味のある内容ですので
是非意識して店舗として取り組んでみてください。

 

百貨店販売員に求められるのは販売力ではなく”対応力”→http://fukuhuku-aruaru.com/?p=130
こちらも人気記事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です