こんにちは!FUNです( ´∀`)

アパレル販売員として、サービス業として、

第一印象や見た目が大事とよく言います。

それは表情、明るい笑顔、元気の良さだったりします。確かにそれも凄く大事なことです。

でも意外に無愛想な販売員も多いのが事実です。

愛想が良いとか悪いとかは、

生まれ持った性質でもありますので、

意識したところであまり変わることはありませんが、

結論から言うと、愛想が良い悪いは売れる販売員として正直あまり関係ないです。

私の経験上、愛想の良い販売員より無愛想な販売員の方が数字が良かったです。

なので売れる販売員は愛想が良いとは言い切れないのです。

あなたの職場にもいませんか?そんなに明るい雰囲気もないし、淡々としているのに、

気づいたら、よく接客してるし、数字も凄いなこの人…みたいな。

1.無愛想な販売員の特徴

まず無愛想な販売員はしつこくない。

お客様と良い距離感を取ることができます。

それは自分が無愛想だとわかっていることもあり、

必要以上にお客様の懐に入ろうとしないんです。

大体の販売員はお客様に積極的に話しかけていき、仲良くなろうと試みますが、結果的にはお客様にしつこいと捉えられてしまいます。

無愛想な販売員ほど、接客に無駄がなく、求められたときの対応が上手い。

そしてアプローチのタイミングも上手い。

基本的に無愛想な人は

積極的に接客をするスタンスではありませんが、

逆に、お客様の今声をかけて欲しいというサインは絶対に見逃しません。

観察力に優れた人が非常に多いんです。

服を畳みながら、

早く声かけなきゃ!とか

いつ声をかけようかな!など、

お客様にバレバレな動的待機してる販売員も多いですが、そんな無駄に笑顔で愛想の良い販売員より、

無愛想な販売員の方が、ドンと構えているようにお客様には見えて、安心感があるのです。

2,接客に無駄がない

無愛想な販売員ほど接客に無駄がありません。

普通だと商品説明をするより、

お客様と服以外の話をした方が良いとか
趣味の話をしようとか、とにかくお客様と仲良くなることが大事です!
みたいなマニュアルや情報っていくらでもあると思います。

現に私もそう教わりましたから。

でもそれをやったからと言って売れるとは限りません。

それはなぜかというと、

お客様は販売員の人と仲良くなりたいと思って買い物しにきてるわけじゃないからです。

気に入ったものを買いたい、良いものがあれば買いたいと思って、買い物しにきてるんです。

日常会話や趣味の話なんてのは、そもそも話が好きなお客様はお客様の方から色々自分のことを話してくれますし、そういったサインが必ずありますから、こっちから無理矢理聞いたり、引き出したりする必要はありません。むしろ、逆効果になります。

3.無駄話や日常会話はクロージングのとき

無愛想な販売員ほど、

接客中はとにかく無駄がないので、

適切な商品説明に加え、お客様の好み、お持ちのもの、お探しのものを聞きながら、お客様のニーズに合った商品をご紹介します。

とにかく無駄がなく、スムーズなので、お客様も買い物に集中出来ます。

接客中に下手に日常会話とか挟んで、話が逸れたりすると、お客様の購買意欲は下がってしまうケースもあります。

その為、無駄話や日常会話は、ある程度購入が決まったタイミングや
お会計時にします。

アフターフォローとも言います。

お客様の心理的には、販売員さんに迷うことなくスムーズに誘導してもらって、探しているものが買えて良かった、欲しいものが買えて良かった。しかも販売員さんと、最後沢山喋れてと仲良くなった。

また来ようかなって。

お客様は販売員と仲良くなりたいと思っているわけではなく、買い物に来てるのです。

販売員にとって、お客様と仲良くなって買ってもらうことも1つの手段ですし、
再来店に繋げる為に大事なことかもしれませんが、
全てのお客様が販売員と仲良くなりたいと思っているわけではないということを
知っておいてください。

4,まとめ

いかがでしたでしょうか。

愛想が良いから売れるとは限らず、
無愛想な販売員ほど無駄がなく、売れる力を
持ってたりします。

ご自分の接客を振り返ってみてください。
愛想良く振舞えてるし、お客様とも仲良く会話出来てるのに、
いまいち数字も伸びて来ないという方。
もしかしたら、無駄な話ばかりしてお客様を購買意欲を下げているかもしれません。

アプローチがなかなかうまくいかない方。
無理にアプローチしようとしてタイミングを外していませんか。
観察力を付けてお客様からのサインを見逃さないように意識してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。
是非参考にして頂けたらなと思います。

ファーストアプローチの成功率が上がる、
売れる販売員のスキルをご紹介してます→http://fukuhuku-aruaru.com/?p=30

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です